PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ヒルクライマー 高千穂遙

ヒルクライマー 高千穂遙
ヒルクライマー
高千穂遙はダーティーペア以来...SFじゃないのは初めて読んだ。
おいおい25年ぶり?

面白さよりも、妙に考えさせられた。
かなり走りこんでる所帯持ちの中年男ならリアルに感じるところもあるかと...
趣味(ヒルクライム)に没頭するあまり、家族崩壊してるとこなんて...

クラブチームの感じとか練習方法とか、どこまでホントなのかわからないけど
参考になるかも??? 
終盤のレースシーンより、練習の過程の方が長く面白い。
特に東京の西部の人にお勧め。練習コースの参考にどうぞ。


キャラクター設定がいかにもな感じなので、漫画化した方が受けるきがした。
でも、一般の人には受けないかも...
文中にもあるけど、主人公の一人は『なぜ山に登るのか答えない。』
著者も説明しない。
従って、山に登る人達以外にこの本に面白さや共感を与えることは無いと思う。
ま、俺も説明できないけど...

それと、キャバクラはあまり好きでは無いけど、
あんなローディのキャバ嬢がいる店なら行ってみたい気はする。





★★★☆☆
確かにヒルクライムを題材にした初めての本としては評価できる。
が、現実に引きずり戻される感覚を覚えたので★3つ

| 自転車ITEM | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://waoya.blog5.fc2.com/tb.php/532-64cec21a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。